関工健児誇りあれ!?

下関のブログです(^^)v 明日見村 MotoG5Plus Windows10 Kindle iPhone Access Excel VBA ALCATEL IDOL4 Zenfone2 ZE551ML CHUWI Hi8 目標は?100kb/s でも読めるアホblog です

ACCESS から EXCEL へ出力! VBA その2 ~ アクセス講座 ~

ACCESS から EXCEL へ出力! VBA (その2)

PC は、win8.1

hp EFI 仕様で、data Drive が(F)になっております

ここは適宜、修正を、、、

★バックスラッシュ\ => へ置換をお願いします

これは、Windows の仕様が、フォルダの区切りが、¥ なのネ!

普通の、UNIXLinux、などは\ になります

ソネットさんのサーバーはUNIX系でしょうから、変換がかかってしまいます

¥で表示させている文字は、日本語で¥を入力していますので、、、

このパスが、ひな形エクセルの取込先 COM 、保存先 RPT が必要です

COM=COMMON

RPT=Report

まっ自分で判ればそれで良いです

    PATH_COM = "F:\Redhp300G\APP\COM"
    PATH_RPT = "F:\Redhp300G\APP\RPT"

で、この2つのフォルダをどこかに作って下さい

当然、この部分のパスも変更します

VBA.001.jpg

 

 

 

もう1つは、ひな形があるフォルダ COM にエクセルが必要です

フォームの名前は、F3030_G3印刷

    With [Forms]![F3030_G3印刷]
   
        BOOK_NM1 = "\R3030_R3帳票"
        BOOK_NM2 = "\R3030_R3帳票" 

VBA.002.jpg

 

 

 

アクセス で、DB テーブル を読む所

これも自分で作らないといけません

Q3030_P1DAT が、DB の名前

T: テーブル(データ)

Q: クエリ(一時的なデータの集合体、テーブルを加工したのがクエリ)

F: フォーム(画面)

M: マクロ(実行させたりのコマンド群、複雑なのは使わない)

R: レポート(基本、使わない)

mM: モジュール(VBA を書く所、プログラミングって事)

 

モジュールの塊は、mM3030

    SQL = "SELECT * FROM Q3030_P1DAT;"
   
    Set REC = DB.OpenRecordset(SQL, dbOpenSnapshot)  '読み取り専用

先ほどの、ACCESS VBA のひな形は、モジュールにコピペします

標準モジュールで良いです

 

マクロ では、 FUNC_R3030_OP 実行させます

マクロ自体のかたまりも、M3030 などとしておく方が分かりやすいと思います

マクロ名に、印刷 にします、条件などが全て出ない時は、全てを表示するボタンの切り替えがあります

Public Function FUNC_R3030_OP()

 

フォーム では、ボタン を配置して、、、

クリック したら、のイベントに、上記マクロ名(印刷)を指定します

 

大体、これで起動できると思います

後は、自分の出したいデータを入れて、画面を作って、ボタンを押すだけ!

 

これが上手く出来れば後は簡単!

複雑なクエリが分からなくても、エクセルだけでもなんとかなります

 

なるべくシンプルに、、、そして、新しいモノを取り入れない!

これが、軽くて、どのバージョンのオフィースでも動作可能な、VBA になります

 

コレ以外にも、ポイントは幾つかあるので、これをベースにより完成度の高いものを作って下さい

アクセス講座 その2! の巻

---

明日見むら

村長さんでした

(^^)vba

asumi-mura

by. EXCEL VBA