関工健児誇りあれ!?

下関のブログです(^^)v 明日見村 MotoG5Plus Windows10 Kindle iPhone Access Excel VBA ALCATEL IDOL4 Zenfone2 ZE551ML CHUWI Hi8 目標は?100kb/s でも読めるアホblog です

ドラマを観てて? 音声補助 Windows10 どこまで進んでいるの?

--- 2018-06-04 ---


通勤チャリで何となく、考えました

ドラマとかでも、耳が不自由なかたのドラマが有りますネ


今、この方たちの補助的機能はどうなっているのでしょうネ

(^^)?


Windows10 では、これらの機能がある様に見えます

点字の設定も有りますし、、、


で、、、思ったのは?

耳の不自由な方(かた)は、聴覚障害で有って、

言葉が喋れない、理解できないワケでは無いですョね


問題は?

自分が喋ってる音が分からない事かナ?

っと思うのです


例えば、

イコライザーな表示で言葉の抑揚イントネーションは分からないでしょうか?

痛覚は、どうでしょうか?


多分、普通に喋ってる音を、

ビジュアル + 痛覚でイントネーションを覚えられないかと思ったのです


自分が喋る、イコライザー的な表示と腕に巻いたブルブル感

正しいのと自分の音の違いが分かれば喋れる様にはならないのでしょうか?


聞くことは難しいですが、口元を見る読心術な感じはドラマでは見かけます

相手の言ってる事は分かるのですョね

なので、これももっと上手く、視覚と痛覚でも伝えられたらより多くの事が聴こえなくても分かる様にできないでしょうか?


コンピュータの小型化で、それなりには動作するスマートフォンも有ります

海外での英語と同じで、スマートフォンなら喋っているのを文字で見る事も喋らす事も可能です


要は、自分の意志がコンピュータに上手く伝えられれば良い

っと思うのです


多分、今でもそれなりの事は出来ているとは思いますが、実際は、どうですか?


どこをどうすれば良くなる?

っと言うような意見は反映されていますか?

 

イントネーションが視覚と痛覚で分かれば、自ら喋る事ができるのかなぁ〜、ってふと思いましたので書いてみました


周りの音が聞こえませんネ

これも、腕に巻いた、有機EL + 振動装置で出来ませんかネ


っと、通勤途中で考えたのでした

 

満足な物が既に存在しているのなら、それで良いですが、

不満があるなら、そう言う事が解決できるソフトを作ってみたいと思うのでした

 

---

明日見むら

村長さんでした

(^^)/ Tone